So-net無料ブログ作成

国民年金保険料が一番安くなる方法 [年金]

今年(平成26年)4月から年金機能強化法により、年金制度の法改正が次々と行われます。今後、数回に分けて改正の内容についてご紹介したいと思います。

まず今回は、国民年金保険料の2年前納制度のスタートについてです。この2年前納は口座引き落とし限定です。子お制度を利用すると今までで、国民年金保険料が一番安くなります。

現在、国民年金保険料は1カ月につき15,040円です。(今年4月から15,250円になります)

支払い方法としては、納付書や銀行口座の引き落とし、クレジットカード払いなどが利用できます。

これらのうち、納付書で支払う方法は、各月(1カ月ずつ)払いや、半年払い、1年払い等があります。

また口座の引き落としでは1カ月(翌月引き落とし)払い、半年払い、1年払い、1カ月(当月引き落とし)払いがあります。

現在、割引率が一番大きいのは、口座引き落としの1年前納です。1年前納の口座引き落としにすると、現金での毎月納付に比べて3,780円の割引になります。

そして、いよいよ今年(平成26年4月)から2年前納の口座の引き落としが始まります。この制度を利用すると現金での毎月納付に比べて14,360円の割引になります。

2年前納は今年の2月末までに手続きをすると、平成26年3月分から平成28年3月分の25カ月が4月末日に引き落とされるというスケジュールになります。

ただし、2年間の国民年金保険料をまとめて引き落とすと、いくら割り引かれたといっても約35万円ほどの金額が一度に引き落とされてしまいますので、家計に余裕がないとできませんね   ^^;

 なお、前納した2年間分の保険料額については、当年の社会保険料控除対象とし、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書には、前納した2年間分の保険料額を当年の納付済額として表示します。

キャプチャ.JPG 雪の銀山温泉

トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。