So-net無料ブログ作成
検索選択

障害年金を知らない?! [年金]

8月23日の読売新聞に、「障害年金制度」を知らない人が多数いることを厚生労働省が発表したとの記事がありました。厚生労働省は今後、障害者団体を通じてPRしたり、障害者手帳に申請方法を記載することによって周知を図るようです。

障害年金は、病気やけががもとで、身体や精神に障害が残ったとき、一定の要件を満たせば国から支給される公的年金です。

事故やけがで障害が残っただけでなく、内部疾患による病気(腎臓病や心臓病など)や精神の病気(うつ病や統合失調症)が原因で一定基準以上の障害が残ったときも支給されることがあります。

公的年金といっても、自ら請求しないと、もらえません。また年金の保険料の支払いが一定の要件(納付要件といいます)を下回っているときは、どんなに症状が重くても障害年金を受け取ることができません。

納付要件とは・・

障害のもとになった病気やけがで初めて病院にかかった日(初診日)のある月の前々月までに、

    ■年金に加入しなければならない期間の2/3以上の年金保険料を納付していること

    ■または初診日のある月の前々月までの1年間に未納がないこと

この納付要件を満たすことができないときは、どんなに困っても障害年金を請求できない方がいます。厳しいです!

厚生年金や共済年金に加入している方は、毎月給与から厚生年金保険料や共済年金保険料を天引きされていますので、「未納」は起こりません。

しかし国民年金に加入している方は、自分で保険料を支払いますので、納期限までに保険料を支払うようにしましょう。

障害年金を請求しようとするとき、納付要件をクリアすることが必要ですが、いくら保険料を支払っていても、納付した日付が、初診日より後であれば、障害年金の納付要件を見るときには「未納」扱いとなってしまうので注意が必要です。(老齢年金を受給するときは、「納付済み」として取り扱われます)

また、障害年金を請求するときは、「初診日」を医療機関に証明してもらうことが必要です。「初診日」がずっと昔だと、病院自体がなくなっていたり、カルテの保存期間を過ぎていたりで、証明をもらうことが困難になってしまいます。

しかし「初診日」が特定できないと、「納付要件」を確認することができず、どんなにきちんと年金保険料を支払っていても、請求自体ができなくなります。

はじめて病院にかかった時は、初診日の分かる診察券や領収書、薬の袋等をなるべく保管しておきましょう。病院で初診日の証明をもらえないときに心強い証明となってくれます。

また、国民年金保険料は、できるだけ納期限までに支払いましょう。支払うことが困難な時は、免除制度や納付猶予制度を利用できることがあります。免除制度や納付猶予制度を利用した期間は「未納」にはなりません。さらに免除を受けた期間は、減額はされるものの、老後に受け取る老齢基礎年金の給付に結びつきます。お住まいの市区町村の担当窓口に相談しましょう。

★私のコメントが、読売新聞(8/24 全国版・朝刊)に載りました。「年金の請求忘れ」についてコメントしています。よかったらご覧ください★

以下ウエブ版です!

    http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20130824-OYT8T00222.htm?from=hochi

130625_1355~02.jpg 白樺の木(札幌)

トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。