So-net無料ブログ作成
検索選択

61歳からもらう年金と失業給付金 [年金]

今年の4月から男性の年金受給開始年齢の先送りがスタートしました。

昭和28年4月2日以降生まれの男性は、61歳から老齢年金を受給できるようになりました。それより前の生まれであれば60歳から老齢年金をもらえたのに・・とちょっと残念な気もしますね。

でも60歳から65歳までもらえる「特別支給の老齢厚生年金」は、雇用保険から給付を受けると停止になったり、減額されたりと、制約が多いものです。

その代表例として、65歳までの「特別支給の老齢厚生年金」受給者が、雇用保険の失業給付金を受け取ると年金が全額停止になります。

(障害年金・遺族年金は、雇用保険の失業給付金との調整はありません)

昭和28年4月生まれ以降の男性は,会社を60歳の定年で退職し、年金がもらえる年齢まで働かないで失業給付金を受け取ったとしても、年金との調整を気にしなくてもすみます。

61歳までは年金が出ないのですから、失業給付金を受け取とりながらセカンドライフを考える良い充電期間になるかもしれません。

 しかし留意点もあります。

失業給付金を受け取ってしまうと、再就職した後、高年齢雇用継続給付を受けられなくなるので注意が必要です。

なぜなら高年齢雇用継続給付金を受けとるためには、その直前までに5年以上の雇用保険加入期間が必要です。しかし一度失業給付金を受け取ってしまうと、それまでの雇用保険加入期間の権利が、なくなってしまうからです。

(雇用保険雇用継続給付金とは、60歳から65歳までの雇用保険加入者の賃金が、60歳直前の給与と比較して75%以下に下がったときにその低下率に応じて雇用保険から給付金が支給されます。現在受け取っている賃金に対して最大15%支給されます、この給付金を受け取ってしまうと、年金が一部減額されます)

★ご参考までに・・・

同じ在職期間であれば、定年退職するより、会社都合で退職したほうが、失業給付金の給付日数が多くなります。

退職理由が定年退職による場合は、給付日数は一般と同じで、最大150日分です。

事業主都合(退職勧奨や事業所縮小等)で退職したら、給付日数は最大240日までとなります

(上記の給付日数は、在職期間が20年以上の方の場合です、もっと短い方は、その期間にあわせて給付日数も短くなります)

定年退職も事業主都合の退職も、失業の申し込み後、すぐに失業給付金を受け取れます(3か月の給付制限はありません)

130626_1139~01.jpg 札幌 時計台

トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。